2005年8月11日作成  2019年7月17日更新

来訪者数 

☆☆☆ 会員募集中 ☆☆☆

 私たち「箱崎睦会」では、お祭りや色々なイベントに協力していただける人を募集しています。
一緒に箱崎町を盛り上げましょう!

 年齢制限はありませんが、原則として箱崎町在住あるいは箱崎町在勤者が対象となります。
年会費は 2,000円 です。

 詳しくは、下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
 

 

 箱崎睦会からのお知らせ 

箱崎夏祭りのご案内

子供フェスティバル、子供神輿、そして大神輿の宮入りまで、色々な行事が目白押し!
箱崎の暑い夏を一緒に楽しみましょう!
事前に申し込み・チケットの購入が必要な行事もあります。ご注意下さい。
(ホームページやfacebookからはお申し込み出来ません)

 

 

箱崎の大神輿が宮入します!

例年、箱崎の大神輿は、3年に一度の連合渡御の年しか担がれることはありませんでした。
(来年の令和2年は連合渡御が予定されています)

今年8月12日(月)(山の日)は特別に箱崎の大神輿を担ぎ、富岡八幡宮へ宮入を行います。
門前仲町周辺から富岡八幡宮までと、新川から箱崎町までが渡御コースとなります。

大神輿は昭和11年に完成しましたが、宮入は初めてのことです。
この機会にぜひ、渡御にご参加ください。

なお、詳細と申込み方法については、箱崎町の各町会からの掲示物でご確認ください。
(ホームページ、FaceBookからは申し込みできません)

締切は7月15日(月)(海の日)です。お急ぎ下さい!


平成29年8月の連合渡御より

 

子供神輿連合渡御

8月11日(日)の午前、富岡八幡宮前の永代通りを通行止めにして、子供神輿連合渡御が行われます。
八幡宮の氏子町会の子供神輿54基が参加します。箱崎町の子供神輿をぜひ担ぎに来てください。

参加のお申し込みは7月20日(土)が締め切りです。
詳細と申込み方法については、箱崎町の各町会からの掲示物でご確認ください。
(ホームページ、FaceBookからは申し込みできません)

子供神輿連合渡御に続いて、箱崎町内の子供神輿渡御も行う予定です。追ってお知らせします。


平成28年8月の子供神輿連合渡御より(富岡八幡宮前)

 

 

 箱崎睦会いいとこ撮り 

神田神社の神輿渡御へ参加しました(2019/05/11〜12)

蛎殻町東部町会さんの神輿

蛎一町会自衛会さんの神輿

 

前回までのいいとこ撮り

 

 

富岡八幡宮例大祭、箱崎宵の縁日、箱崎町サマーフェスティバルの様子を載せました。

2017年までの箱崎町夏祭り

 

関連リンク:箱崎町箱四町会ホームページ

 

 

箱崎睦会とは

箱崎睦会(はこざき むつみかい)は、日本橋箱崎町の各町会の祭典部門を統合した祭典実行委員会の名称です。

昭和51年に施行された新住居表示により、旧日本橋箱崎町一丁目、二丁目、三丁目、四丁目、そして日本橋北新堀町を併せ、現行の「日本橋箱崎町」が誕生しました。

それまでは、北新堀町・箱崎町一丁目、箱崎町二・三丁目、箱崎町四丁目と言った3つの町会組織が存在し、それぞれ独自に祭典の行事(子供神輿、盆踊り大会、三年に一度行われる深川八幡宮例大祭の連合渡御など)を行っていました。

しかし、3つの町会が単独で開催するより一緒に開催する方が賑やかになること、そして何より各町会間の親密な交流を一層図っていけること、などの理由から三町会の祭典部門を統合した組織を形成することにしました。それが箱崎睦会です。
 

 

箱崎町の町会って?

箱北、箱二・三、箱四の疑問にお答えします

 

 

現在の主な活動内容

1.富岡八幡宮例大祭・神輿連合渡御への協力

祭典に関する準備作業、神輿渡御の進行と警備


富岡八幡宮・神輿連合渡御


富岡八幡宮・子供神輿連合渡御

2.箱崎宵の縁日など、真夏のイベントを開催

子供フェスティバル、盆踊り大会、ビール祭りの開催


箱崎宵の縁日


納涼盆踊り大会

3.東日本大震災復興チャリティーフリーマーケットの開催

フリーマーケットの売上金の一部、義援金は、中央区を通じて寄付


チャリティーフリーマーケット

4.ソフトボール&バーベキュー大会の開催

箱崎三町会対抗によるソフトボール大会と、懇親会の開催


ソフトボール大会(浜町グラウンド)

5.近隣町会の祭典行事への参加

蛎殻町東部町会(神田神社)の神輿渡御、小網神社の神輿渡御などへの参加


神田神社・神輿渡御

 

 

箱崎睦会メンバー(平成26年夏・連合渡御前の一コマ)

 

箱崎睦会役員
役 職 名 氏 名
会 長 眞野 勇志
副会長 白崎 敏孝
渡邊 健一
永富 啓三郎
竹内  大
会 計(兼任) 永富 啓三郎
総 務 高崎 清一
広 報 會田  潔
川崎  亮
メンバー構成
一般会員53名
2019年4月現在

連絡先

箱四町会事務所内
日本橋箱崎町34−8
Tel 03−3667−5667

 

箱崎まつり睦会・箱崎睦会 歴代会長

任期 氏名
初代(1993年6月〜2008年3月) 増渕 一孝
第二代(2008年4月〜2013年3月) 大木  実
第三代(2013年4月〜2017年3月) 宮田 二郎

 

神輿総代・箱崎睦会メンバー

こちらからどうぞ

 

 

祭礼と神輿について

 神輿について説明をさせていただきます。当町会の神輿は昭和11年に発注し、水の中に欅の原木を入れて枯らし、行徳の神輿師浅子周慶氏の手により三年有余の歳月を掛けて完成致しました。当時と致しましては塗り神輿全盛の時代に、欅の総彫りという珍しい神輿と富岡八幡宮の神輿総代の内からも驚嘆の声が上がりました。厚い原木を使用し、彫りが深く台座二尺五寸の割には貫禄充分な神輿です。

 担ぎ棒を付けた状態で約500kg、さらに龍の眼には96個の18金が嵌め込まれています。当時の有志の方々が、金に糸目を付けずに発注した心意気が忍ばれます。神輿の価格は約3,900円となったそうですが、当時は4,000円あれば土地付きの豪邸を購入できたそうです。

 現在では、原木や職人さんの関係で同じ物を作成することは困難とのこと。長い間、手入れが行き届かず大分痛みが目立つようになってきたため、昭和59年10月より60年3月までの半年に渡って浅子周慶氏により全部解体し、主柱は新しい物と交換、メッキ部分もメッキを仕直し、彫の欠けた所も修理して、完成時の様にすばらしく綺麗になりました。

 平成23年は例年ならば連合渡御が行われる予定でしたが、東日本大震災の影響を考慮して延期となり、平成24年に連合渡御が実施されました。そして、平成26年は従来の3年周期に戻すべく例大祭が実施され、連合渡御に総勢53基の神輿が参加しました。

 平成29年の本祭においても盛大な連合渡御を行いました。多数の皆さまにご参加をいただき、誠にありがとうございました。箱崎の神輿は、水を掛ける程に欅の木の色が益々冴えてきます。これからも大事に可愛がってやって下さい。
 

 

箱四町会神輿の神輿庫
箱四町会神輿の神輿庫

 

 

箱崎睦会についてご意見、ご質問のある方がいらっしゃいましたら、 箱崎町箱四町会ホームページ内の「はこざきBBS」へ連絡をお願いします。

なお、 写真、その他ホームページの内容を無断で転用・使用することは固くお断りします。

Copyright (C) 2005,2019 by "HAKOZAKI MUTSUMI" all rights reserved.